After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)



* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ


メ-ルマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メルマガの登録はこちらへ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki
 


2016年1月-「冬の大事な庭仕事」

新年、明けましておめでとうございます。

昨年の11、12月と例年になく暖かく、温暖化の影響が肌で感じられた初冬でした。でも、ガーデーにとっては、暖かい日が続くのは実は助かります。

というのも、この時期の冬の園芸作業が、今年のガーデニング一年の出来を左右するほど大切だから。行事の多い初冬、合間を縫って地道に少しずつ手入れすれば、無理しないで美しい庭造りができるのは間違いなし!

今月はオススメの冬の園芸作業をまじめに(!)ご紹介します。

秋の庭の整理 球根の植え付け
秋の庭の整理 球根の植え付け

マルチングの堆肥 堆肥を敷いた花壇
マルチングの堆肥 堆肥を敷いた花壇

(1)完熟堆肥で花壇を覆う

この季節になるとほとんどの落葉樹は葉を落としているから、足元の落ち葉をかき集めて取り除き、その上に厚さ2~3cmの完熟堆肥を敷きつめます。

結構狭い花壇でも腰をかがめてのしんどい作業ですが、これをするとしないとでは今年のガーデニング作業に雲泥の差が・・・。敷きつめた完熟堆肥の絨毯が植物の根を霜や雪から守り、冬の苦手な植物にとっては暖かい毛布代わり。植物のダメージが少なくてすみます。

寒さに強い植物たちには毛布は必要ないけれど、それでも花の季節の雑草よけにも、泥はね防止にも、暑い夏の水の蒸散防止にも役立つ優れもの。

そのうえ、庭がお色直しをしたように美しくなるのも見逃せません。作業後、植物にかかった完熟堆肥をシャワーで落とし、水を撒いたら作業は終了。我が家の庭とは思えないほど庭が美しくしっとりと落ち着いて見え、作業を終えた満足感は満点です。

(2)リース作りで剪定した庭木の残った枝の整理

クリスマスの時期、リースに使う分だけ枝を剪定した庭の常緑樹。枝を間引くように太い枝を抜き、伸びすぎた枝も整理。特に、ローリエなどは、この時期強剪定しておくと風通しがよくなります。これさえ押さえておけば、高温多湿の時期でも病害虫が発生しにくく、無農薬で一年が過ごせます。リース作りにもお料理にも活躍するローリエだからこそ、薬は撒きたくないもの。この時期の強剪定が効果抜群です。

(3)落葉樹の枝の整理

葉を落としたアジサイやスモークツリー、モミジ、ダルマウツギ、ブルーベリー、ジューンベリーなど、混み合った枝が分かりやすくなります。寒い季節だからこそ、いらない枝を整理するのが簡単。でも、来年の花芽が枝の中に形成されているから、いらないからと整理し過ぎると、花の季節、花が少なくなってしまいます。それを忘れないで、混み合った枝だけ整理するのがコツ。

(4)木製の塀のペンキ塗り

枝葉が整理できたら、最後に木の塀のペンキ塗りをします。数年に一度、塀を取り外して全体にまんべんなく水性のステンを塗るのが我が家の恒例。少し傷んだ木にはまずサンドペーパーをあててから。今年は痛みが少なかったので、雨が良く当たり塗装が禿げた場所のみステンを塗りました。

せっかく手作りした木製の塀。年に一度手入れをするだけで、もう10年以上も新品同様です。枝葉を整理したあとの作業だからとってもスムーズ。来年は木の塀を取り外して全体にステンを塗る予定です。

この冬の作業が、今年の「無理しない園芸で、美しい庭作り」に欠かせません。暖かい小春日和の日を選んで、一気にしないで少しずつ。1月後半までに全て終えられたら最高です。

暖冬のおかげで作業は進むけど、これだけ暖かいとせっかく庭に埋め込んだチューリップなどの球根たちが冬を感じられるだろうか、とついつい心配になってしまいます・・・。

from J.Aoki




メールマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メールマガジンの登録はこちらから


マンスリーコメントのバックナンバー
>2002.3-9...わたしの本作り・・その1 ・その2 ・その3 ・その4 ・その5 ・その6
>2002.10...運動会はスポーツカメラマン?
>2002.11...ヒアシンスの水栽培
>2002.12...年の瀬の思い

>2003.01...お正月はツルバラの誘引から
>2003.02 ・冬の日の散歩はオススメ
>2003.03...春になったらお楽しみ!
>2003.04...今年のニューフェースたち!
>2003.05...早起きは三文の得
>2003.06...夜盗虫(ヨトウムシ)がいない・・・
>2003.07...夏花壇の準備
>2003.08...今年の夏は涼しい
>2003.09...バッタの被害
>2003.10...今年の秋の種まきは
>2003.11...朝の散歩はお土産が一杯
>2003.12...プラスチック製のリース台はオススメ

>2004.01...初めてのリース教室
>2004.02...アタフタ防寒対策
>2004.03...わが家のクリスマスローズ:その後
>2004.04...球根の花でアフターガーデニング
>2004.05...春の押し花
>2004.06...あなたは何色
>2004.07...あなたは何色・・・part2
>2004.08...ストレスなしの水遣り
>2004.09...ブッドレアの枝
>2004.10 ...秋には庭の整理を
>2004.11 ...草花のお引越し

>2005.1 ...4月発行の本のご紹介
>2005.2 ...ヒヨドリと猫にご注意を!
>2005.3 ...ほしい種がない!
>2005.4 ...2冊目の本完成!
>2005.5 ...5月の花遊び!
>2005.6 ...アジサイは処分品がオススメ
>2005.7 ...秋色アジサイの入手法
>2005.10 ...秋は庭の整理を
>2005.11 ...秋の花は一年で一番鮮やかかも・・・
>2005.12 ...気分はターシャ・・・

>2006.1 ...庭は逃げ出すところ?逃げて行くところ?・・・
>2006.2 ...こたつ園芸は楽しい・・・
>2006.3 ...まだ寒い日が続くうちに、スーパーに行きがてら園芸店に行こう
>2006.4 ...急性クレマチス病にかかってしまった
>2006.7 ...7月の庭仕事
>2006.9 ...ブッチャートガーデン
>2007.11 ...来年の春を夢見て

>2008.1 ...庭の模様替えは、今がチャンス!
>2008.2 ...花より野菜
>2008.4 ...クリスマスローズ
>2008.5 ...庭のデザイン
>2008.7 ...憎き害虫ども
>2008.8 ...ゴーヤのグリーンガーデン

>2009.1 ...冬の球根栽培
>2009.2 ...お庭の記念撮影を
>2009.5 ...最近しなければいけない庭仕事
>2009.7 ...ゴーヤのカーテン
>2009.8 ...北海道ガーデン
>2009.10 ...私のお気に入りの花
>2009.11 ...庭の改造計画
>2009.12 ...庭の改造計画-2

>2010.2 ...庭のデザイン-1
>2010.11 ...押し花セミナー

>2011.01 ...2011年11月-12月 アフターガーデニング・セミナー
>2011.04 ...多年草と花木が織りなすナチュラルガーデン
>2011.07 ...紫陽花の夏ごし
>2011.09 ...秋のタネまき
>2011.09 ...クリスマスの剪定

>2012.05 ...モッコウバラ
>2012.11 ...裏庭の大改造
>2012.12 ...クリスマスリース

>2013.2 ...ヒヨドリ
>2013.5 ...風雅舎
>2013.7 ...今年が最後のシーズンズ
>2013.9 ...泥だらけのリニューアル

>2014.1 ...マルチング
>2014.3 ...外壁の塗り替え
>2014.6 ...わが家で一番華やかな季節の到来!!!
>2014.8 ...荒れた夏
>2014.10 ...ハウステンボス

>2015.01 ...お正月は大雪



| Profile | Gardening | Dried Flower | Shop | Link | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.