After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)



* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ


メ-ルマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メルマガの登録はこちらへ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki


2013年7月-「今年が最後のシーズンズ」

この9日、宝塚にある英国風ナチュラル庭園シーズンズにて、恒例のハーブのセミナーを開催。シーズンズは英国生まれのポール・スミザーさんがデザインしたイングリッシュガーデンです。

遊園地の跡地に作られた庭園は、ポールさんが選んだ植物や遊園地のころからある樹木がステキなハーモニーを奏でるガーデン。今回のセミナーは、ハーブで作るブーケとカップアレンジでした。

参加者の顔ぶれも、5回目になると固定されてきて話もはずみます。植物やクラフト大好きな方々が、遠くは姫路、岡山、奈良と宝塚まで車を飛ばして、電車に乗って来て下さいました。感謝!

今回は旬のハーブがテーマ。シーズンズにあるさまざまなハーブが主役です。ブーケのベースは、ギンバイカやローリエなど。飾りは、ヤローやロシアンセージ、オレガノ ケントビューティー、ラベンダー、マウンテンミントなどなど。本当にたくさんのハーブをガーデナーの方が剪定してくれたから、お花屋さんには真似できない花材の量と多様さでびっくりするほどでした。

7月のシーズンズ(ルドベキアの植栽) 7月のシーズンズ(ルドベキアの植栽)


7月のシーズンズ(涼しげなアガパンサス) 7月のシーズンズ(涼しげなアガパンサス)


このセミナーの一番の特長は、セミナーの開催に合わせて、シーズンズの植物を用意してもらえること。セミナーまで剪定を控え、当日フレッシュな枝や花などをガーデナーの方が用意してくれます。おかげで、参加された方は、どの花材を使おうか悩みっぱなし。

こんな贅沢なセミナーはありません。そのうえ、豊富な花材から、好きなアレンジを作っていいのですから、たまりません。セミナーでなければ、私なら何日でも作り続けてしまいそう。

そんなシーズンズも、残念ながら今年の12月で閉園です。昨年発表されて以来、アルバムを見るたびにシーズンズを取材したときの植物たちが思い起こされ、また訪ねるたびに、この庭園がなくなると思うといたたまれなくなります。

以前イギリスに約半年滞在したことがあります。どの公園も絵のようでした。都会の真ん中に、信じられないほど広い緑豊かな公園があり、そのうえ、手入れが隅々まで行き届いている。

シーズンズのルドベキア シーズンズのルドベキア


シーズンズ-半日陰のホスタ シーズンズ-半日陰のホスタ


これなら、だれでも何時間でも公園にいたくなります。長い間に培われた英国の緑の文化を肌で感じた経験でした。税金を投入し、緑の手入れ、保護をしているイギリス。何百年と続けられた文化の継承です。

シーズンズ-半日陰のアナベル シーズンズ-半日陰のアナベル


でも、日本は・・・と思うと寂しい限り。街中の小さな公園などは荒れ放題・・・。作ればいいってもんじゃない!植栽もどこに行っても同じ。ツツジばかりです。そんな中で、この閉園予定のシーズンズは、都会のオアシスと言っても過言ではありません。その植栽は、日本の気候に合わせたイングリッシュガーデンの参考書になるほど。植物のあるがままの姿をナチュラルに見せる庭。

この庭が無くなるかと思うと、心から残念です・・・。

無くなってから、そのすばらしさに気づいても遅いのです・・・。



from J.Aoki



メールマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メールマガジンの登録はこちらから


マンスリーコメントのバックナンバー
>2002.3-9...わたしの本作り・・その1 ・その2 ・その3 ・その4 ・その5 ・その6
>2002.10...運動会はスポーツカメラマン?
>2002.11...ヒアシンスの水栽培
>2002.12...年の瀬の思い

>2003.01...お正月はツルバラの誘引から
>2003.02 ・冬の日の散歩はオススメ
>2003.03...春になったらお楽しみ!
>2003.04...今年のニューフェースたち!
>2003.05...早起きは三文の得
>2003.06...夜盗虫(ヨトウムシ)がいない・・・
>2003.07...夏花壇の準備
>2003.08...今年の夏は涼しい
>2003.09...バッタの被害
>2003.10...今年の秋の種まきは
>2003.11...朝の散歩はお土産が一杯
>2003.12...プラスチック製のリース台はオススメ

>2004.01...初めてのリース教室
>2004.02...アタフタ防寒対策
>2004.03...わが家のクリスマスローズ:その後
>2004.04...球根の花でアフターガーデニング
>2004.05...春の押し花
>2004.06...あなたは何色
>2004.07...あなたは何色・・・part2
>2004.08...ストレスなしの水遣り
>2004.09...ブッドレアの枝
>2004.10 ...秋には庭の整理を
>2004.11 ...草花のお引越し

>2005.1 ...4月発行の本のご紹介
>2005.2 ...ヒヨドリと猫にご注意を!
>2005.3 ...ほしい種がない!
>2005.4 ...2冊目の本完成!
>2005.5 ...5月の花遊び!
>2005.6 ...アジサイは処分品がオススメ
>2005.7 ...秋色アジサイの入手法
>2005.10 ...秋は庭の整理を
>2005.11 ...秋の花は一年で一番鮮やかかも・・・
>2005.12 ...気分はターシャ・・・

>2006.1 ...庭は逃げ出すところ?逃げて行くところ?・・・
>2006.2 ...こたつ園芸は楽しい・・・
>2006.3 ...まだ寒い日が続くうちに、スーパーに行きがてら園芸店に行こう
>2006.4 ...急性クレマチス病にかかってしまった
>2006.7 ...7月の庭仕事
>2006.9 ...ブッチャートガーデン
>2007.11 ...来年の春を夢見て

>2008.1 ...庭の模様替えは、今がチャンス!
>2008.2 ...花より野菜
>2008.4 ...クリスマスローズ
>2008.5 ...庭のデザイン
>2008.7 ...憎き害虫ども
>2008.8 ...ゴーヤのグリーンガーデン

>2009.1 ...冬の球根栽培
>2009.2 ...お庭の記念撮影を
>2009.5 ...最近しなければいけない庭仕事
>2009.7 ...ゴーヤのカーテン
>2009.8 ...北海道ガーデン
>2009.10 ...私のお気に入りの花
>2009.11 ...庭の改造計画
>2009.12 ...庭の改造計画-2

>2010.2 ...庭のデザイン-1
>2010.11 ...押し花セミナー

>2011.01 ...2011年11月-12月 アフターガーデニング・セミナー
>2011.04 ...多年草と花木が織りなすナチュラルガーデン
>2011.07 ...紫陽花の夏ごし
>2011.09 ...秋のタネまき
>2011.09 ...クリスマスの剪定

>2012.05 ...モッコウバラ
>2012.11 ...裏庭の大改造
>2012.12 ...クリスマスリース

>2013.2 ...ヒヨドリ
>2013.5 ...風雅舎




| Profile | Gardening | Dried Flower | Shop | Link | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.