After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)



* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki


2005年11月 - 「秋の花は一年で一番鮮やかかも・・・」

秋の花といえば、萩の花やコスモスのように優しい色合いのイメージ。でも、わが家で咲く花たちを眺めていると、なんだか同じ花でも夏より、初秋より色合いが深いような気がする。
夏の花、トレニアも夏より紫色が濃い。アゲラタムも、紫色に赤みがかかり深い赤紫色。初夏から咲いているピンクのペンタスも、色が濃く鮮やか。9月下旬から咲いているコスモスも、11月の声を聞いたせいかなんだか色が濃縮された気がする。

今年の春の生花のアレンジ その上、花持ちがいい。寒さのせいかアゲラタムなど、一度咲いたら当分楽しませてくれる。夏よりも長く咲くから、花色が濃いのだろうか?寒さのせいで、色が濃縮されるのだろうか?

朝夕の冷え込みが秋の紅葉をいっそう鮮やかにするように、どうやら庭の花たちも木々に負けじといっそう色鮮やかに長く咲こうとしている。まるで、残り短い花の季節のフィナーレを飾っているようだ。

そんな花たちと、生花や押し花、ドライのアレンジでおもいっきり秋を楽しんでみてはどうだろう? 私はどちらかというと優しい色合いの組み合わせが大好きだが、秋だけは紅葉に負けないようおもいっきり派手にしてみたい。いつもの自分と違う、イメージチェンジ!

たとえば生花。夏の残り花、赤のストロベリーフィールドのセンニチコウと、濃いピンクのコスモス、そして赤色のパイナップルセージ、それに加えるのは緑の葉物ではなく、真っ赤に紅葉したハツユキカヅラ。アクセントに白のシュウメイギクはどうだろう。山々の色鮮やかな木々に挑戦するかのような赤色のグラデーションのアレンジである。なかなかいつもと雰囲気が違って、はっとするほど派手だけど、訪れた人の目を引くこと請け合いである。

ファインダーを覗いて写真に収めていたら、「うーんエキゾチック!」と、深いボルドー色に思わず感動。 皆さんも、秋を庭の花たちでおもいっきり楽しんでみては・・・。



from J.Aoki

メールマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メールマガジンの登録はこちらから


マンスリーコメントのバックナンバー
>2002.3-9...わたしの本作り・・その1 ・その2 ・その3 ・その4 ・その5 ・その6
>2002.10...運動会はスポーツカメラマン?
>2002.11...ヒアシンスの水栽培
>2002.12...年の瀬の思い

>2003.01...お正月はツルバラの誘引から
>2003.02 ・冬の日の散歩はオススメ
>2003.03...春になったらお楽しみ!
>2003.04...今年のニューフェースたち!
>2003.05...早起きは三文の得
>2003.06...夜盗虫(ヨトウムシ)がいない・・・
>2003.07...夏花壇の準備
>2003.08...今年の夏は涼しい
>2003.09...バッタの被害
>2003.10...今年の秋の種まきは
>2003.11...朝の散歩はお土産が一杯
>2003.12...プラスチック製のリース台はオススメ

>2004.01...初めてのリース教室
>2004.02...アタフタ防寒対策
>2004.03...わが家のクリスマスローズ:その後
>2004.04...球根の花でアフターガーデニング
>2004.05...春の押し花
>2004.06...あなたは何色
>2004.07...あなたは何色・・・part2
>2004.08...ストレスなしの水遣り
>2004.09...ブッドレアの枝
>2004.10 ...秋には庭の整理を
>2004.11 ...草花のお引越し

>2005.1 ...4月発行の本のご紹介
>2005.2 ...ヒヨドリと猫にご注意を!
>2005.3 ...ほしい種がない!
>2005.4 ...2冊目の本完成!
>2005.5 ...5月の花遊び!
>2005.6 ...アジサイは処分品がオススメ



| Profile | Gardening | Dried Flower | Shop | Link | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.