After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)



*私の本棚から

*メルマガ登録

*私の園芸道具1

*私の園芸道具2

*私の園芸道具3

*私の園芸道具4

*私のアレンジ道具1

*私のアレンジ道具2
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki



2005年6月 - 「アジサイは処分品がオススメ」

5月には店頭に並ぶアジサイたち。種類が豊富になり、ヤマアジサイあり、西洋アジサイあり、日本アジサイあり。見て回っているだけで、「もう6月、梅雨の季節が来る!」、と感じさせてくれる。

でも、まだまだ見るだけにした方がお得。6月にもなると、早くから店頭に並んだアジサイたちは美しい姿を変え、だんだん見るも無残な姿に変わり果ててしまう。こんな時、「どうしてお店の人たちは、手入れをしてあげないのだろう」、と本当に悲しくなってしまう。

そんな頃、お店によってはアジサイを処分品にしてしまうところがある。「ヤッター、買わなくて良かった!」、と感じる瞬間である。アジサイはご存知の通り宿根草。たとえ無残な姿をしていても、わが家で切り戻し養生してあげれば、来年また咲いてくれる。

先日も、つい先週まで2000円で売られていたアジサイ“城が崎”が、なんと500円に。友人からのメールで「城が崎」が処分品になっているとの情報をゲット。早速、無くなる前にと車で駆けつけると、しっかり待っていてくれた。なんと、「もう、花が緑色になってしまって売り物にならないから・・」、 とお店の人。「緑のアジサイはアレンジに最高なのに・・・」、と心の中ではもうルンルン。早速家に持ちかえり、来る人来る人に自慢話をしてしまった。

アジサイのように、商品として色褪せたり、弱ったり、時期が過ぎたりした草花がよく処分品になることがある。特にDIYのお店では、季節が過ぎると在庫をはくために、 売れ残った草花を処分品にする可能性が高い。

「なんとか安くて良い物を!」がモットーの主婦は、処分品を見逃す手はない! ただ、処分品が宿根草か一年草か区別がつかないときはそうはいかない。中には、いつのまにかラベルが取れてしまった商品もあるのでご注意を!

処分品をゲットしたい方は、お店の人の知識を上回るだけの勉強が必要かも・・・。





from J.Aoki

メールマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メールマガジンの登録はこちらから


マンスリーコメントのバックナンバー
>2002.3-9...わたしの本作り・・その1 ・その2 ・その3 ・その4 ・その5 ・その6
>2002.10...運動会はスポーツカメラマン?
>2002.11...ヒアシンスの水栽培
>2002.12...年の瀬の思い

>2003.01...お正月はツルバラの誘引から
>2003.02 ・冬の日の散歩はオススメ
>2003.03...春になったらお楽しみ!
>2003.04...今年のニューフェースたち!
>2003.05...早起きは三文の得
>2003.06...夜盗虫(ヨトウムシ)がいない・・・
>2003.07...夏花壇の準備
>2003.08...今年の夏は涼しい
>2003.09...バッタの被害
>2003.10...今年の秋の種まきは
>2003.11...朝の散歩はお土産が一杯
>2003.12...プラスチック製のリース台はオススメ

>2004.01...初めてのリース教室
>2004.02...アタフタ防寒対策
>2004.03...わが家のクリスマスローズ:その後
>2004.04...球根の花でアフターガーデニング
>2004.05...春の押し花
>2004.06...あなたは何色
>2004.07...あなたは何色・・・part2
>2004.08...ストレスなしの水遣り
>2004.09...ブッドレアの枝
>2004.10 ...秋には庭の整理を
>2004.11 ...草花のお引越し

>2005.1 ...4月発行の本のご紹介
>2005.2 ...ヒヨドリと猫にご注意を!
>2005.3 ...ほしい種がない!
>2005.4 ...2冊目の本完成!
>2005.5 ...5月の花遊び



| Profile | Gardening | Dried Flower | Shop | Link | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.