After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)



* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki
 


2004年10月 - 「秋は庭の整理を」

秋は忙しい。今年の関西は、連日36度の熱帯と勘違いするほどの酷暑。 その間、朝の水遣り以外は、庭を見ることさえ暑くてためらってしまった。 そんなこんなで、庭がどんなに恐ろしいことになっていたか・・・。

秋、最初に取りかかるのは、庭の整理整頓。わが家の子供部屋のように散らかし放題の庭を隅から順に、右手に剪定ばさみ、左手にゴミ袋2枚と両手に軍手をして狭い庭をはいつくばって行く。これが、なかなかきつい。

最後は腰が痛むやら、ひざが笑うやら。だから私は、汚れてもかまわない、ただし見られるとちょっと恥ずかしいかっこをして、どこにでも座り込む。こんなときは、ピンポーンとインターホンが鳴らないことを祈るのみである。

秋に紅葉したオタフクナンテンの葉秋とはいえ、まだまだ昼間は30度近い。それでも曇りの日を選んでせっせと励む。徒長した枝、形の崩れた草木、伸び放題の枝の整理、終わってしまった一年草の整理などなど、結構歩くたびに何か仕事をみつけてしまい、なかなか次に進まない。この時、一つのゴミ袋にアフターガーデニングで使えないもの、もう一つの袋に捨てないで再利用できるものと仕分けながらゆっくり進む。これにも結構時間をとられる。

次に取り掛かるのが、クレオメやトレニアなどの種を採取する作業。成熟した鞘を新聞紙の上に広げて乾燥させ、数日後はじけてきたら、晴れの日にカメラのフィルムケースに湿気ないようきっちりとふたをして保存しておく。来春、撒くためにも冷蔵庫に保管しておくと完璧。

こんなきつい作業のなかにもご褒美はある。伸びた枝を整理しているとき地面をよく見ると、この春咲いていたワスレナグサがこぼれダネから育ち、 無事酷暑の夏を乗り切っているのを発見する。そんな時は本当に嬉しい! 早速ビニールポットを用意して苗を育てるため、優しく掘り起こしてはポットに移していく。秋のうちに苗を大きく育て、冬の寒さに耐えられるようにするためである。

最後に(この頃には、暑さと疲れでもうろうとしている・・・)、お茶を飲みながら、最後の作業。アフターガーデニングで再利用できる方のゴミ袋をひっくり返す。一枝一枝の下葉を取りながら、葉裏に虫がついていないかを見る。そして、数本ずつ輪ゴムで束ね、物干し竿に逆さに吊るしていく。 私はすぐ家の中に取り込まないで、半日ほど外の日陰に干しておく。少々ぬれた枝も乾いてしまうし、もし虫がいても逃げていってくれるような 気がするからである。

秋のこの時期気をつけないといけないことがある。イラガの急襲である。毎年、思わぬところにいて、痛い目にあっている。見ると本当にきれいな黄緑色の可愛い虫。でも、刺されると、指がしびれるくらい痛い。こんなとき、軍手をしていると安全である。秋の剪定時、イラガにはご注意を!



from J.Aoki
バックナンバーはこちらから
・わたしの本作り・・その1 ・その2 ・その3 ・その4 ・その5 ・その6
・運動会はスポーツカメラマン?
・ヒアシンスの水栽培
・年の瀬の思い
・お正月はツルバラの誘引から
・冬の日の散歩はオススメ
・春になったらお楽しみ!
・今年のニューフェースたち!
・早起きは三文の得
・夜盗虫(ヨトウムシ)がいない・・・
・夏花壇の準備
・今年の夏は涼しい
・バッタの被害
・今年の秋の種まきは
・朝の散歩はお土産が一杯
・プラスチック製のリース台はオススメ
・初めてのリース教室
・アタフタ防寒対策
・わが家のクリスマスローズ:その後
・球根の花でアフターガーデニング
・春の押し花
・あなたは何色
・あなたは何色・・・part2
・ストレスなしの水遣り
・ブッドレアの枝



| Profile | Gardening | Dried Flower | Shop | Link | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.