After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)



* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki
 


2004年2月 - アタフタ防寒対策

今年の冬は、きっと暖冬・・・と予想していたのだが、思った以上に凍てつく 日が続いている。庭植えのパンジーや寒さに強いクリスマスローズまで、全ての庭の草花が寒すぎてダラーと頭を下げ、起きる気力さえない状態だ。

普通、寒い日が2日も続くと、だいたい3日目には寒さも緩む。少々の雪や霜では草花は平気、いつも私の心配をよそにムクムクと起き出してくれ る。ところが、今年は違う。何日も凍てつく日が続き、このまま寒さが続けばもう駄目だ・・・。

特に1月の第3、4週は、鉢を抱えて庭と家の中を行ったり来たり状態。庭植えの草花はまだましだが、コンテナたちは土も少なく凍ってしまって本当に寒そうだ。こんな時、コンテナは便利。重いのがたまにきずだが、それでも移動できるからと、風の当たらない軒下や家の中にコンテナを運び込 む。

でも、少しでも陽が当たるとかわいそうだからとまた外に。午後3時にもなる と、また凍てついた風が吹きまたグッタリ。そうなると、また重いのを我慢して家の中に運び込む。もう、玄関の土間は、靴を脱ぐ場所も無いくらい。

コンテナのすき間を縫って、外に出る始末である。それでも、春サンサンと陽を浴びて咲き誇るパンジーたちを想うと、それも我慢できる。子育ては忍耐を教えてくれた。おかげでコンテナ運びなんてなんのその! 庭の草花はどうだろう。今年の春の一番の楽しみはレースフラワー。庭で優雅に咲く姿を想像するだけで嬉しくなる。ところが、例年寒さに強いレースフラワーも今年はぐったりしている。地面に這いつくばったまま。ほっておけない。

急いで作ったテント型の雪よけ そこで作ったのが、インディアンのテント。太く長い支柱4本でテントらしき物を作り、その周りを穴開きビニールで囲み、カラフルな洗濯バサミで押さえたもの(家にあるものは、何でも使おう!)。見た目は穴あきテントで寒そうだけ、このテントの効果は抜群。

草花にとって雪や霜は勿論困ったものだが、もっと困るのは冬の凍るような風。穴あきビニールのおかげで風は勿論雪も霜も防げ、穴も開いているので蒸れない。風が強い日は、バタバタとたなびいて少々うるさいが、カラフル洗濯バサミでビニールを支柱にしっかり固定すると、それも気にならなくなる。

おかげで、2日目には、はいつくばっていたレースフラワーも起き上がってきた。 もし、防寒対策をしていない方がいたら、今からでも遅くない。ぜひ一度、私流簡単防寒対策をやってみてはどうだろう。家にあるバケツやダンボール、どんなものでもいいから、草花の背丈にあった箱物を直接草花にかぶせるだけ。

寒さや風を完璧に防ぐことができる。寒い日の夕方、「今夜は・・・」、と感じたら、庭の弱そうな草花にバケツをかぶせていこう。朝、起きたとき、庭中にバケツが逆さに立っている姿もなかなかなものである。



from J.Aoki

メールマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メールマガジンの登録はこちらから


バックナンバーはこちらから
・わたしの本作り・・その1 ・その2 ・その3 ・その4 ・その5 ・その6
・運動会はスポーツカメラマン?
・ヒアシンスの水栽培
・年の瀬の思い
・お正月はツルバラの誘引から
・冬の日の散歩はオススメ
・春になったらお楽しみ!
・今年のニューフェースたち!
・早起きは三文の得
・夜盗虫(ヨトウムシ)がいない・・・
・夏花壇の準備
・今年の夏は涼しい
・バッタの被害
・今年の秋の種まきは
・朝の散歩はお土産が一杯
・プラスチック製のリース台はオススメ
・初めてのリース教室



| Profile | Gardening | Dried Flower | Shop | Link | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.