Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki

新連載・サカタのタネ「園芸通信」-青木純子のガーデンノート タイトルイラスト
サカタのタネの「園芸通信」で2010年1月よりスタートした連載・青木純子さんのガーデンノート。2年目の連載内容をご紹介します。

サカタのタネの園芸通信は、サカタのタネの友の会員へ毎月送られる会員紙です。

*サカタのタネの会員申し込みはこちらから


お正月の生花のアレンジ 2011年1月号
お正月のアレンジメント

お正月の飾りつけはしめ縄だけ?赤と白がテーマカラーのお正月にぴったりな、庭のナンテンとコニファーで作る生花のアレンジや、市販のしめ縄飾りのデコレーション、クリスマスの残り物で作るドライアレンジ、そしてクリスマスリースのリメイクなど、お正月のアレンジをご紹介します。



ミニトマトのアーチ 2011年2月号
ミニトマト

フルーツのように甘い赤や黄のミニトマト。簡単に育てられるから初めての方にもオススメです。子供たちと一緒に育てれば、夏休みに収穫が楽しめること請け合い。単植や寄せ植え、ハンギングバスケット、そしてアーチに絡めて育てたミニトマトの栽培日記をご紹介します。



子供たちと楽しむ夏野菜 2011年3月号
子供たちと楽しむ夏野菜

いつもの夏野菜だけじゃない。今年の夏はヒマワリやマリーゴールドが咲き、子どもたちの大好きなトウモロコシやスイカが取れるキッチンガーデンを計画しました。子どもたちと、楽しみながら育てる夏野菜。夏休みの宿題にもぴったりな、夏野菜の栽培日記をご紹介しましょう。



私の庭から生まれた押し花たち 2011年4月号
私の庭から生まれた押し花たち

庭の草花だから徒長した枝や曲がった茎もいとおしいもの。押し花にして、シンプルなデザインの押し花フレームを作ると、お部屋の素敵なインテリアで長く楽しめます。四季折々の押し花の作り方と、庭の花や緑、紅葉の葉で作る押し花フレームをご紹介します。



西洋斑入りダンチクや薄紫のイングリッシュブルーベル、クサソテツが織りなすパノラマ 2011年5月号
宝塚ガーデンフィールド-その1

兵庫県・宝塚の街中にある英国風ナチュラル庭園シーズンズ。ポール・スミザーさんがデザインした、季節を感じ心癒される多年草中心のナチュラルガーデンです。四季折々の草花や花木、そしてガーデニングに役立つ植栽テクニックを、庭園のエリアごとに3回に分けてご紹介します。



ヤマアジサイの生花のアレンジ 2011年6月号
アジサイを主役に初夏を楽しむ

丈夫で日陰でも花を咲かせてくれるアジサイ。庭の健康優良児は、毎年ガーデナーを喜ばせてくれる嬉しい花です。西洋アジサイでもヤマアジサイでも作れる寄せ植えや、剪定のあとに楽しめる生花のアレンジなど、色んな楽しみ方のあるアジサイの魅力をご紹介します。





モッコウバラのブリッジ

2011年7月号
宝塚ガーデンフィールド-その2
宝塚の街にある英国風ナチュラル庭園シーズンズ。ポール・スミザーさんがデザインした庭に、バラ愛好家にはたまらないローズガーデンがあります。今回は、バラを引き立て、バラが散った後もまた訪ねたくなるシークレット・ローズ・ガーデンの植栽をご紹介します。

ポールスミザーさんとのインタビュー


ダイコンの収穫とサラダ 2011年8月号
冬に庭を彩る冬野菜

夏野菜に比べて育てやすい冬野菜は、寂しくなりがちな冬の庭を彩ってくれます。そのうえ、おいしい収穫が楽しみ。去年は、花が楽しめる野菜や葉菜の彩り、店頭ではちょっと手に入らない根菜まで、青木流の冬野菜の選び方のポイントからお料理までを大公開します。



水辺とテンプルの11月 2011年9月号
宝塚ガーデンフィールド-その3

ポールスミザーさんがデザインした、宝塚の英国風ナチュラル庭園シーズンズのご紹介も今回で3回目。最終回では、季節ごとの変化が見逃せない池の周りの植栽と、乾燥しがちなエリアを牧草地のグラスガーデンに変身させた植栽マジックをご紹介します。



5月のメインガーデン 2011年10月号
Hさんのホワイトガーデン-1

園芸通信で、楽しい季節の野菜栽培をご紹介しているHさんのキッチンガーデン。実はメインのお庭は、私がデザインしたホワイトガーデンです。冬でも楽しめるHさんのホワイトガーデン。今月と来月の2回に分けてその魅力をたっぷりご紹介しましょう。



白いクリスマスローズの咲く早春のメインガーデン 2011年11月号
Hさんのホワイトガーデン-2

10月号でご紹介した、Hさんのホワイトガーデン。花の少ない季節もホワイトガーデンのイメージが残るように、いろいろ工夫してデザインしたお庭。その後イメージ通りに展開したでしょうか?今回はホワイトガーデンの3年後のようすをご報告します。


ヒマラヤユキノシタとチューリップの咲く春の庭 ニューサイランとヘリクリサムの組み合わせ 秋はジューンベリーやモミジの紅葉を楽しんで


シーズンズのエントランス 2011年12月号
庭からの贈りもので楽しむアフターガーデニング

今年もクリスマス・クラフトの季節がやってきました。今年はちょっと趣向を変えて、宝塚の英国風ナチュラル庭園「シーズンズ」にて昨年開催したワークショップで作ったアレンジと、庭からの贈りもので楽しみながら作る私のアフターガーデニングをご紹介します。



|2010年の連載案内はこちらから |2012年の連載案内はこちらから|

|2007年の連載案内はこちらから|

| Gardening | Dried Flower | Shop | From the Editor | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.