After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)




メ-ルマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メルマガの登録はこちらへ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki

Gardening
ダンギク‐Caryopteris incana

ダンギクはクマツヅラ科の半耐寒性宿根草。日も短くなる秋。美しい薄紫色のリング状の花を茎に段々に咲かせてくれることからダンギクと呼ばれています。

原産地は中国、台湾、朝鮮半島、日本。花の時期は9月から10月です。

花は紫ですが、ピンク色や白の変種があります。日本では茶花として切花に使われ、草丈30-50センチに育ちます。
Caryopteris incana - ダンギク
Caryopteris incana


Caryopteris incana in my garden - わが家のダンギク
ダンギクの花 秋にようやく咲いたダンギクの花の群生 水はけの良い、日の良く当たる酸性土壌を好みますが、わが家では日なたに植えたい植物が多すぎてとうとうユーカリの根本の半日陰の花壇に植えています。

日なたに比べどうしても花つきは少ないのですが、それでも、毎年庭も寂しくなる晩秋に美しい花を咲かせてくれます。

丈夫な宿根草で病虫害の害もほとんどありません。今年はピンク色のダンギクを見つけ、思わず買ってしまいました。ダンギクの青も白もピンクも花色がとても優しく、庭に一本は絶対欲しいオススメの花です。


After Gardening - アフターガーデニング
ダンギクの生花 私の2冊目の本「アフターガーデニング」でも紹介したダンギクの生花のアレンジ


*2冊目の本の紹介はこちらから



ダンギクのアフターガーデニングの楽しみ方もいろいろあります。

和の花を代表するダンギクですが、庭のさまざまな草花とあわせ、生花で楽しむのが一番身近。下のほうから順々に咲くので、庭でも生花のアレンジでもバラなどに比べ長く楽しめます。

また、わき目の枝に咲く小さな穂で、ダンギクの花姿を生かした押し花が作れます。青い花色も鮮やかに残り、押し花にもオススメの花材です。

もちろん、ダンギクのドライフラワーも魅力的。キレイなドライフラワーを作るには五分咲きの頃に収穫します。でも、どうしても庭で長く楽しみたいので、私がドライにする頃には下の方にすっかり種ができています。ドライにしても青色が残りますので、面白いドライの花材として使えます。おまけの種はお友達に分けてあげるのもいいですね。

*ダンギクの壁紙その1はこちらから

*ダンギクの壁紙その2はこちらから


(生育時期などは、私の住んでいる京都南部を標準として記載しています。植物の名称については、主に小学館「園芸植物大辞典」を参考に記載しました。)




| 草花のインデックスに戻る | 次の花を見る |

| Profile | Dried Flower | Post Cards | From the Editor | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.