After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
*Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)




* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki

Gardening
クルメケイトウ
ケイトウはヒユ科非耐寒性の一年草。インドなどの熱帯アジア原産で、世界に40種あります。背丈は40~90センチになり、7月から9月にかけて赤、紅、ピンク、黄、白などの花を付けます。

花の形が鶏のとさかに似ていることが和名と英名の由来。肥沃で排水のよい日のよく当たる場所がお好みです。

今回ご紹介するのは背丈90-150センチになるクルメケイトウ(久留米鶏頭)。最近あまり人気がないようですが、高性種のクルメケイトウは花壇のバックグランドに最適です。コンテナ栽培には倭性種を選んで下さい。
クルメケイトウ
Celosia cristata


わが家のクルメケイトウ
最近の日本の夏はまさに熱帯アジアのような気候。日の良く当たる南向きの花壇には、熱帯の気候でも元気なクルメケイトウがピッタリです。

苗で手に入るのは倭性のケイトウが多いので、高性種のクルメケイトウは種から育てます。4月に種を撒き、本葉が出たらポットに植え替えます。花壇に植え付けるのは6月ごろです。

8月ごろに咲いた大きな一番花を収穫してからでも、わき芽から小さな花を次々と咲かせてくれます。

苗の時にはヨトウムシの被害には注意しましょう。大きなヨトウムシは夜に捕殺します。
クルメケイトウと春のコンテナナ わが家の南向きの花壇に咲くクルメケイトウ


クルメケイトウのドライアレンジ作品-Robin クルメケイトウのドライアレンジ作品-Robin   アフターガーデニング
  ケイトウはドライアレンジに使っても、長期間、色あせしません。また、生花の時のボリュームを保ってくれるのも魅力です。

収穫は花のピークが少し過ぎたころに。ケイトウの花は逆さに吊るして自然乾燥します。

インパクトのあるケイトウの花は、リースやポットアレンジの材料として最適です。


(生育時期などは、私の住んでいる京都南部を標準として記載しています。植物の名称については、主に小学館「園芸植物大辞典」を参考に記載しました。)




| 草花のインデックスに戻る | 次の花を見る |

| Profile | Dried Flower | Post Cards | From the Editor | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.