After Gardening
Profile
写真とレンタルポジ
Gardening
Dried Flower
オススメの本
Post Cards
From the Editor
Special
Link
Download
Front Page
7月の庭から
・Form-mail to J.Aoki
(ご意見ご感想はこちらへ)




* オススメの写真撮影の参考書はこちらから
 
花の写真とレンタルポジ

花の写真・レンタルポジ


メ-ルマガジン発行中
私のマンスリーコメントを中心に、メールマガジンをお届けしています。

*メルマガの登録はこちらへ
Gardening & Dried Flower Arrangement - from the garden of J.Aoki

Gardening
ローナス

キク科・一年草のローナスは地中海沿岸の乾燥地帯が原産地。背丈は40‐60センチほどで、6月から7月にかけて黄色い花を咲かせます。

最近は原種名のローナスという名前で種が売られていますが、和名はアフリカヒナギクだそうです。英語名ではAfrican Daisy又はYellow agertumと呼ばれています。

黄色い花を固まって咲かせるローナスは、花壇の植栽以外にもドライアレンジや切花としても楽しめます。


Lonas annua

わが家のローナス
9月初旬に種を撒き、本葉が出てきたら黒いビニールポットに移します。冬はフレームの内で育てました。霜の心配がなくなってから、花壇に植え付けます。

乾燥気味の日当りの良い場所がお好みなのですが、花壇の都合でハナミズキの下の半日陰の場所に植えました。それでも、6月には黄色の花をたくさん咲かせてくれました。

一番花を切ると脇芽からまた少し小さめの花を咲かせてくれます。

春先のアブラムシと5月以降にはコナガの幼虫に注意しましょう。キク科の花ではおなじみの害虫です。沢山付いてしまったら、オルトランなどを散布します。



アフターガーデニング
Dried lonas
ドライのローナス


キク科の花はドライにしてもバラバラになることが多いのですが、黄色い花をまとまって咲かせるローナスは少し花壇でたのしんでから収穫してもキレイにドライになります。

花の時期が梅雨時と重なりますので、翌日まとまった雨が降る時には花が雨で傷む前に少し思い切って収穫しましょう。

茎が丈夫ですので、リースやポットアレンジなどのアクセントとして重宝します。



(生育時期などは、私の住んでいる京都南部を標準として記載しています。植物の名称については、主に小学館「園芸植物大辞典」を参考に記載しました。)




| 草花のインデックスに戻る | 次の花を見る |

| Profile | Dried Flower | Post Cards | From the Editor | Front Page |

© J.Aoki, All rights reserved.